福知山市三和町千束(せんぞく)の神社

福知山市内の寺院・神社の紹介の2番目は、三和町千束である。

なお、このブログの記事の中には、下記の『丹後の地名』というホームページの資料を参考に引用させていただいたところが多い。

   『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html

■三和町千束について・・・・以下は『三和町千束』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/senzoku.htmlからの引用である。

旧三和町の中心地で、福知山市三和支所などがある。
土師川南岸の広い河岸段丘上に位置し、国道9号(山陰街道)が北西から南東に貫通。沿道に集落が立地する。
かっての千束村は、江戸期~明治22年の村。綾部藩領。山裏郷14村の1つ。
貞享3年に、当村の次郎吉を頭取とした領主への強訴が発生し、同人に組した者はみな追放となった。その際に、次郎吉は古記・水帳などを携えて出村したために、その以前の村の状況は多く不明になったという。明治4年綾部県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年細見村の大字となる。
千束は、明治22年~現在の大字。はじめ細見村、昭和30年三和村、同31年からは三和町の大字。平成18年より福知山市の大字。
 
詳しくは下記のホームページを御覧ください。
 
 『三和町千束』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/senzoku.html


■千束内の寺院神社の位置(地図)
■大歳神社・・・以下は『三和町千束』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/senzoku.htmlからのコピーである。

三和町字千束小字清水に所在。祭神は、素盞嗚命の御子大歳。「綾部藩藩政社寺要記」には、「大年明神」と、「年」をあてており、また「神社明細帳」には、「大歳神」とある。『細見村史』には、「素盞男命の御子大歳の神を祀る」と記され、「千束に鎮座せられた、元荒船神社を合祠する」とある。さらにかつて、「生野神社の氏予であったが、分離して農神である大歳の神を祀ったもの」という。『丹波志』にも、「俗伝云、往古ハ三俣村御幣大明神本居諍論有之、別此神ヲ祀ルト云」とあり、「御幣はん」(生野神社)を中心とする「六人部七天神」との関係を伝えている。
規模・構造は、一間社流造、銅板仮葺で、元は柿葺であった。身舎は門柱、上部に出組を組む。内部は扉で内陣と内々陣をしきり、天井は棹縁天井、床は拭板敷である。向拝は几帳面取方柱で連三斗を組み、浜縁を備え、海老虹梁でつながれる。軒は二軒繁垂木である。妻飾りは一段持出し、二重虹梁大瓶束としている。この地域の典型的な一間社流藁といえる。建立は様式的に十七世紀後半と推定される。なお、境内には享保六年(一七二一)の石燈籠かある。

■大歳神社の写真(平成27年10月24日撮影)

a0003356_22094787.jpg
a0003356_22100933.jpg
a0003356_22102055.jpg
a0003356_22102973.jpg

[PR]
by okamura920 | 2016-12-26 14:08 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 福知山市三和町寺尾の寺院・神社 福知山市三和町芦渕(あしぶち)... >>