福知山市三和町草山の寺院・神社

福知山市三和町草山(くさやま)内の寺院・神社の紹介である。

なお、このブログの記事の中には、下記の『丹後の地名』というホームページの資料を参考に引用させていただいたところが多い。

   『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html

■三和町草山について・・・以下の多くは『三和町草山』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/kusayama.htmlからの引用させていただいている。詳しくはこのホームページを御覧ください。

三和荘の下から府道59号線(市島和知線)を南西へ入る。土師川の支流寺尾川(草山川)の谷間に民家が散在している。

草山村は、江戸期~明治22年の村。綾部藩領。山裏郷14村の1つ。明治4年綾部県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年細見村の大字となる。
草山は、明治22年~現在の大字名。はじめ細見村、昭和30年からは三和村、同31年からは三和町の大字。平成18年より福知山市の大字。


■三和町草山内の寺院・神社の位置(地図)
■長渓山久宝寺((天台宗)・・・以下は『三和町草山』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/kusayama.htmlからのコピーである。

久法寺は、草山小学段に所在する天台宗の寺院である。『丹波志』に「長渓山久法寺、天台宗神池寺末寺、岩見藤左衛門、観音堂開基、本尊千手観音立像五尺、座像薬師ト二体天田郡六番ノ札所」とされ、観音堂には札所の「井ササ原、草山村、ノ通分ケテ、久シキ法ノ、ミ寺尋子ン」の詠歌があがっている。開山については、『丹波誌』に「福泉法印、慶長二年創建、再建慶応元年」とされ、本尊は「阿弥陀如来、聖観世音菩薩、如意輪観世音菩薩」(『天田郡誌』)とされる。境内仏堂には、護摩堂があり、本尊は不動明王で、弘化二年(一八四五)八月創立である。



■久宝寺の写真(平成27年10月29日撮影)

a0003356_16242922.jpg
a0003356_16244767.jpg
a0003356_16250485.jpg
a0003356_16251985.jpg
■天満神社・・・以下は『三和町草山』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/kusayama.htmlからの引用・コピーである。(このホームページでは天神神社と記載されている)

三和町字草山小字深田に所在。祭神は、菅原神を祀る。「神社明細帳」には、「菅原神」とあり、境内に九社を祀る。老永社(宇賀魂神)・三柱神社・神明神社・八幡神社・愛宕神社・春日神社・水神神社・豊繁神社を祀る」とある。『丹波志』には、「天神二ツ社と云、祭神は国狭槌尊、祭礼九月廿五日」「中古此所ニ族僧来、大般若三百部書写之、此所ニ納ム、同村久法寺の観音薬師同施主也、此僧何人成ヲ不知」とあり、六人部七天神の第二社とされる。「中古此所ニ旅僧来」とあるが、現在本殿内には、永享八年(一四三六)の「大願主定仙」と署名された施入札があり、なんらかの関連があるのであろうか。創建は、『細見国史』によると、「六人部七天神の一つにして天文二十年(一五五一)の創建」と記されている。
規模・構造は、標準的規模の一間社流造で、板葺としている。身舎は円柱で、舟肘木で軒を支持する。向拝は面取方柱て、連三斗を組む。虹梁で身舎につながれ古風である。組勾欄付木口縁をまわし、正面には擬宝珠をたてる。妻飾は猪ノ子叉首を使っている。全体に中世の形式を保っており、十六世紀の建立の可能性もある。ただし、のちに修理の手がくわえられており、脇障子や向拝の柱や水引虹梁、木鼻、蟇股などは、おそらく享保年間ころ(一七一六~三六)に修理したものと思われる。いずれにしても、町内最古の木造建造物と考えうる。

■天満神社の写真(平成27年10月29日撮影)

a0003356_21411118.jpg
a0003356_21412121.jpg
a0003356_21412761.jpg


[PR]
by okamura920 | 2017-01-04 20:01 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 福知山市三和町中出の寺院・神社 福知山市三和町寺尾の寺院・神社 >>