カテゴリ:今日の新聞から( 8 )

2011年3月12日 東北で巨大地震

a0003356_11195324.jpg

昨日(3月11日)午後2時46分頃、東北地方で巨大地震が発生した。(写真は3月12日の新聞)
地震の規模はM8.8で国内観測史上最大であるという。特に10mを超す大津波による被害が大きく、福島原発からは放射能の放出もあるという。
昨日からテレビはこの報道一色である。報道の画像を見ていると、いまだに悪夢を見ているような錯覚を覚える。
地震の規模は16年前の阪神大震災(M7.3)の100倍以上で、1000年に1回発生の規模という。想像を絶する被害が心配される。
[PR]
by okamura920 | 2011-03-12 11:43 | 今日の新聞から | Comments(0)

2008年10月25日(曇) いいかげんがいい

『いいかげんがいい』

これは今日の新聞の広告欄に載っていた、新刊の本のタイトルである。
副題は『無理しない。よくばらない。今を楽しむことがだいじ』で、人生は、いいかげんで、ほどほどに生きるのがいいというのが中身のようである。(本を読んだわけではない)

著者は、鎌田實氏で、1948年生まれの60歳。
現在諏訪中央病院名誉院長で、2004年からイラクに医療支援を開始し、毎月400万円の薬を送り続けているという。

これからの世の中、不況色が濃厚になってきた。
世の企業戦士に、あまり無理して体や心を壊さないように、この言葉『いいかげんがいい』を送りたい。
[PR]
by okamura920 | 2008-10-25 13:58 | 今日の新聞から | Comments(0)

2007年7月12日(雨) 西遊記

a0003356_12433775.jpg

2005年12月14日から毎日新聞に掲載されていた、平岩弓枝氏の小説『西遊記』が、7月10日に終わった。559回を数へ、約1年半の連載であった。

子供の頃、マンガでよく読んだこの西遊記の原本は、16世紀中国の明の時代に書かれた伝奇小説であるが、平岩弓枝風にアレンジされたこの新聞小説は、大変面白く楽しませてもらった。

また、三蔵法師に仕えながら、様々な苦難を乗り越えていくことによって、かっての暴れ者、孫悟空、猪八戒、沙悟浄が成長していく様は、この小説を読む楽しみであり、また逢田やすひろ氏の挿絵を見るのもたのしかった。
[PR]
by okamura920 | 2007-07-12 13:10 | 今日の新聞から | Comments(0)

2006年1月25日(曇) ライブドアショック

1月16日の東京地検によるライブドア捜査、1月23日の堀江社長逮捕といったライブドアショックによって、連日ストップ安であったライブドアの株価に、今日やっと値がついた。
昨年12月19日に785円だった株価が137円となり、この1週間に約6分の1の価値になってしまった。
今後上場廃止となるとの予測もあるが、上場廃止となった場合、手持ちの株はどうなるのであろうか。

いずれにしても、ホリエモンに惹かれて買った若干のライブドア株、今後どのようになったとしても、株勉強の高い授業料だったとして、最後までつき合うしかない。
[PR]
by okamura920 | 2006-01-25 20:32 | 今日の新聞から | Comments(0)

2006年1月24日(雪) 東芝 米WH社を買収か

今日の記事によれば、東芝がアメリカのウエスティングハウス社(WH社)を買収か?とのことである。
かって、三菱電機はWH社と技術提携しており、WH社は三菱電機にとっては師匠であった。
40数年前、三菱電機に入社し設計部門に配属された時の初仕事は、英文で書かれたWH社の図面を日本語の図面に直すことであった。
東芝にとってもかってのライバル会社であったWH社を買収とは、まったく隔世の感である。

ホリエモンの元気さとIT業界の発展性をかって、ライブドアー株を少し買っていたが、連日ストップ安が続いている。22万人の株主がいるという。
ライブドアーショックもまだまだ続きそうで、世の中の動きはめまぐるしい。
[PR]
by okamura920 | 2006-01-24 21:10 | 今日の新聞から | Comments(0)

2005年9月29日(晴) 最近の株価 No.1

a0003356_18375120.gif

今三菱電機の株価が好調である。
かって、重電3社と言われた頃の日立、東芝、三菱の株価は、三菱と東芝が抜きつ抜かれつの400円、日立が600円程度の比率であった。(株価に変動があっても、この関係はほとんど変わらなかったような気がする)
しかし、今日の株価は、三菱747円、日立702円、東芝503円である。
ここ数日来の三菱の株価の高騰には驚いている。
在職中に社内株として購入した、三菱電機株を若干持っているが、株に関しては、まったくのオンチであるため、長い間塩漬け状態のものである。
それにしても、最近、三菱電機に関してそんなに派手な話を聞かないのに、三菱電機に何が起こっているのであろうか。
いずれにしても結構なことである。
[PR]
by okamura920 | 2005-09-29 19:01 | 今日の新聞から | Comments(0)

2005年4月26日 JR脱線事故 

昨日午前9時20分頃、JR福知山線の塚口-尼崎駅間で、平成になって最大の鉄道事故が発生した。70名を超える死亡者という。
事故が発生した所は、かって30年程勤務していた職場の近くであり、又、親族などにもこの近隣に生活する者もいて、人ごととは思えない事故である。
私の甥もこの路線を通勤に毎日利用していて、一時間程前に、この電車に乗っていたという。
私の関係者に被害にあったものはいないようであるが、なんとも痛ましい事故である。

今日の新聞によれば、『安全対策をいくらとっても事故のリスクは変わらない』という『ワイルドの不幸保存の法則』と呼ばれる説があるらしい。
科学技術万能のこの時代、なんとなく解るような気がする。
[PR]
by okamura920 | 2005-04-26 13:21 | 今日の新聞から | Comments(0)

2005年3月7日(晴) 新聞

退職し暇が出来ると、新聞の読み方も変わってきた事に気づいた。
朝は、1面から社会面へ、右上から左下へと読んでいく。30分ぐらいだろうか。
昼や夜にもう一度読み直し、社会面から1面へ、左上から右下へと、朝とは逆の順で読んでいく。
こんな読み方をすると、今まで目に留まらなかったような記事も目に付く事がある。

今日の新聞(毎日新聞)にこんな記事があった。
かって、プロ野球の西鉄ライオンズで『鉄腕』と呼ばれた、現在の野球解説者、稲尾和久氏が、次のように書いておられる。

---高校の首藤先生は(野球部監督)面白い人でした。社会科の先生。
授業の最初にいきなり『稲尾はいるか。今日は練習がきついから、お前は寝ておけ』と。
さらに昼になると、女子生徒に
『みんな太ったらいかんから、弁当を少しずつ稲尾にわけてやれ』。----

この大選手の影に大恩師ありである。
[PR]
by okamura920 | 2005-03-07 13:51 | 今日の新聞から | Comments(0)