カテゴリ:福知山市内 神社・寺院( 20 )

福知山市三和町下川合内の寺院・神社

福知山市三和町下川合(しもがわい)内の寺院・神社の紹介である。

なお、このブログの記事には、下記のホームページの資料を参考にコピー、引用させていただいたところが多くあります(コピー・引用部分はブログ文中青色部分)。詳しくは下記のホームページを御覧ください。

『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html
『福知山市三和町下川合』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/simokawai.html

■福知山市三和町下川合について

土師川支流川合川の流域に位置する。標高400~500mの山々に囲まれた河岸段丘の集落。
下川合村は、江戸期~明治22年の村。綾部藩領。はじめ6か村からなる河合村のうち。村高は「元禄郷帳」「天保郷帳」とも河合村に含まれているが、「巡察記」「旧高旧領」では6か村別々の石高を掲げて、当村は368石余。
明治4年綾部県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年川合村の大字となる。平成18年から福知山市の大字。
下川合は、明治22年~現在の大字。はじめ川合村、昭和30年からは三和村、同31年からは三和町の大字。
大正7年に、地内の小字シテノ・水無田・ヒラヲ・三本松・トビノス・シデノ・丸石・釜ケ池は細見村に編入されて、同村の大字梅原となる。


■三和町下川合内の寺院・神社の位置(地図)

■安照山新福寺(曹洞宗)

新福寺は、下川合小字アラタに所在する曹洞宗の寺院である。『丹波志』には「安昌山心福寺、曹洞宗、船井郡胡麻村末寺」とあり、「寺院明細帳」には「本尊地蔵菩薩で、丹波国船井部下胡麻村龍沢寺三世磨逸和尚、承応元壬辰年建立」とされている。開基は『丹波志』『天田郡志』ともに、孤嶽桂峻とされ、桂峻は寛文年中(一六六一~七三)の人である(『天田郡志』には寛文四年九月寂とある)
新福寺には薬師堂があり、本尊薬師如来を安置している。この堂は、かつては小字踏掛山に建立し、寛文十一年(一六七一)この地に安置された。『川合村史』によると、本尊は地蔵菩薩、開基は孤嶽桂峻主座、正保二年(一六四五)下川合小字アラタに曹洞宗寺院として創立され、慶安三年(一六五〇)創建されたとされており、明細帳に承応元年(一六五二)建立とあるのは、完成の年月と考えられる。文久元年(一八六一)に落雷により伽藍全焼、四年後の元治元年(一八六四)に現在地に移転、再建された。

■新福寺の写真(平成27年11月20日撮影)

a0003356_13380366.jpg
a0003356_13381980.jpg
a0003356_13384823.jpg
a0003356_13373332.jpg
■宇麻谷神社

三和町字下川合上ケ山に所在し、宇麻志摩知命を祀る。『丹波志』には「馬谷大明神」と社
名を記し、祭神は「渋谷上佐ノ坊ノ馬也」と記し、「宇麻谷大明神ト篇セリ」とある。さらに「神社明細帳」には字麻谷神社祭神は、宇麻志摩知命とある。『川合村史』は、宇麻志摩遅命と記している。『天田郡志資料』にも前記の命と記し、『天田郡神社記』にも同様の祭神が記されている。さらに「又可美真手命ともかく、命は又味間見命とも申す、当社は土佐坊の馬を祭れりとも云」と記されている。
『丹波志』には、「村老ノ説ヲ聞ニ、土佐坊ノ馬於此所死後崇アルユユ祭之ト云伝ト云リ、上河合ノ内稲葉ト云所ニ長左衛門卜云者、土佐坊ノ鎗刀脇差ヲ所持ス」と記され、源義経を狙った土佐坊の馬が殺され、その祟りを鎮めるために祭神としたこと、上川合の稲葉の者が土佐坊のものとの伝承がある刀や槍を所持していることを伝えている。
 規模・構造は一間社流造、軒唐破風付で柿葦とする。内部は前後に間仕切り、内々陣を奥に設けている。身舎は円柱粽付、出組で軒を支える。向拝は几帳面取、平三斗である。縁は木目縁で平三斗、詰組を組む。身舎と向拝は海老虹梁でつなぎ、手狭もつける。妻は尾垂木付二手先で一段持ち出す。
現在の本殿ほ、天保十年(一八三九)八月の神殿造営の棟札があり、様式的にも当時のものとみられる。覆屋内には、同年の仲秋の「奉納発句合」「四季花取」と題する句額があげられている。なお、弘化二年(一八四五)に鳥居が建立されている。

■宇麻谷神社の写真(平成27年11月20日撮影)

a0003356_13420015.jpg
a0003356_13421673.jpg
a0003356_13424143.jpg

[PR]
by okamura920 | 2017-01-23 13:45 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市三和町梅原の神社

福知山市三和町梅原(うめはら)内の神社の紹介である。

なお、このブログの記事には、下記のホームページの資料を参考にコピー、引用させていただいたところが多くあります(コピー・引用部分はブログ文中青色部分)。詳しくは下記のホームページを御覧ください。

『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html
『三和町梅原』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/umehara.html

■福知山市梅原について

千束の土師川の向かいの河岸段丘上に位置する。南北に府道709(栢野綾部線)が走る。
梅原は、大正7年~現在の大字名。はじめ細見村、昭和30年からは三和村、同31年からは三和町の大字。平成18年から福知山市の大字。もとは川合村下川合の一部であった。

 
■三和町梅原内の神社の位置(地図)


■祇園神社

三和町宇梅原小字平尾に所在する。祭神は素盞嗚命・稲田比売命・八柱御子神。『細見村史』によると祭神は、素盞嗚命・稲田比売命・八柱御子神を祀るとあり、文政年間、京都八坂神社から分霊奉祀したことが記されている。梅原は、旧来下川合村の一部であり、字麻谷神社の氏子であったが、大正七年(一九一八)に下川合村から分村後は、祇園神社を氏神とした。

■祇園神社の写真(平成27年12月7日撮影)

a0003356_09141913.jpg
a0003356_09143356.jpg
a0003356_09142710.jpg

[PR]
by okamura920 | 2017-01-16 09:33 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市三和町田ノ谷の神社

福知山市三和町田ノ谷(たのたに)の神社の紹介である。

なお、このブログの記事には、下記のホームページの資料を参考にコピー、引用させていただいたところが多くあります(コピー・引用部分はブログ文中青色部分)。詳しくは下記のホームページを御覧ください。

『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html
『三和町田ノ谷』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/tanotani.html

■福知山市田ノ谷について

細見谷の三春街道(府道709号線)をどんどん入って、山の中に入った所である。土師川支流細見川上流域に位置する。東田ノ谷・西田ノ谷に分かれる。
田ノ谷は、昭和5年~現在の大字名。はじめ細見村、昭和30年三和村、同31年からは三和町の大字。平成18年より福知山市の大字。もとは細見村細見奥の一部。

細見奥。単に「奥」ともいう。土師川支流細見川の上流部で、集落は田ノ谷・西松(さいまつ)両渓谷に点在する。西と南の河合峠・野瀬峠・三井ノ庄峠などで氷上郡と接する。
細見奥村は、江戸期~明治22年の村。細見辻村の枝郷。集落は西ノ谷・田ノ谷・松村の3か所がある。当村と細見辻・細見中出3か村入会の広大な野山があり、この入会地には他村民がたびたび無断で立入って、争論となったという。
明治4年鶴牧県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年細見村の大字となる。
細見奥は、明治22年~昭和5年の細見村の大字。当地は2つの谷に分かれていて、1区としては行政上不便なため、大正7年田ノ谷・西松の2区に分け各区長を置いた。昭和5年大字細見奥を廃し、田ノ谷・西松は大字として独立した。


■三和町田ノ谷の神社の位置(地図)



■八幡神社

三和町字田ノ谷三三六ノ一番地に所在する。祭神は、誉田別命。「神社明細帳」にも、誉田別命と記され「境内神社二社・厄神神社・武内宿祢・稲荷神社・倉稲魂命を祭る」とある。
なお『細見村史』には、「応神天皇・神功皇后を祀る」とある。『丹波志』には、「俗伝曰、凡百年有余年以前、辻村と奥村両所ヨリ、此山エ行初メ、山中守護神無クシテ不叶トシテ、梅田末社八播ヲ移シ祭ル、今奥村ニ家居シテ産神トス、辻村ヨリ奥村迄凡五十町」とあり、『丹波志』が書かれる百有余年も前に、この山へ辻村と奥村から入り初め、山のなかで守護神がなかったので、細見谷の梅田神社から八幡を勧請し、氏神としたとされている。
慶応四年六月の改帳には、「八幡宮・吉田家霊・末社厄神社・山神社・稲荷社があり、社内地に観音堂有之候」とある。『京都の社寺建築』には、「細見川の上流にあり、辻の梅田神社の氏子地域より、田ノ谷一帯の氏神である。細見谷の村々は入会山をめぐって争論が多かったためめ、下流地域から独立するためにも別の氏神が必要であったことかうかがえる」と、八幡神社の建立の経過を推測している。 正徳四年(一七一四)本殿改修があり、京都の吉田家から正一位を授かっており、丹波での吉田神道の影響の古例にあたる。また、寛政三年(一七九一)の弓矢奉納額が本殿にあり、本殿はそれ以前に建立されたものとみられる。なお、元禄四年(一六九一)の碑が鹿倉登山道筋にあり、「西国三十三ヶ所巡礼造立奉者也、南無大慈悲観世音菩薩、元禄四年辛未年二月十八日」「観音堂有之候」とあり、慶応四年六月改帳の記事と関連があると思われる。
規模・構造として、本殿は意匠的な面で特色がある。本殿は桁行一間、梁行一間、切妻造で正面に向拝一間をつけ、長板葺とする。身舎に円柱で、柱の上に尾垂木つきの二手先斗キョウを組む。正面に格子戸をたて側背面は板壁を張る。向拝は海老虹梁で身舎とつなぎ、手狭には雲や竜を彫る。また、海老虹梁先の木鼻には神獣の彫刻がある。妻飾りは二手先で妻を持ち出し、変形大瓶束を用いた二重虹梁大瓶束としている。屋根は大きく、軒を深く出し、正面に大きな唐破風を置いている。十八世紀の建立と考えられ、独特の蟇股や大瓶束、尾垂木、彫物とする組物、木鼻など装飾豊かであり、その様式も独創的て注目される。



■八幡神社の写真(平成27年11月16日撮影)

a0003356_17591340.jpg
a0003356_17593908.jpg
a0003356_18000218.jpg
a0003356_17582605.jpg
a0003356_18011323.jpg

[PR]
by okamura920 | 2017-01-08 19:24 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市三和町西松の神社

福知山市三和町西松(さいまつ)の神社の紹介である。

なお、このブログの記事には、下記のホームページの資料を参考にコピー、引用させていただいたところが多くあります(コピー・引用部分はブログ文中青色部分)。詳しくは下記のホームページを御覧ください。

『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html
『三和町西松』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/saimatu.html

■福知山市三和町西松について

 細見川支流西松川の流域。山の中で、川沿いに民家が散在する。西松谷は谷口が西ノ谷(さいのたに)集落、谷奥は松村集落で、両社を合わせた地名のよう。さらに奥ヘ入ると氷上郡に通じる。
西松は、昭和5年~現在の大字名。はじめ細見村、昭和30年三和村、同31年からは三和町の大字。平成18年より福知山市の大字もとは細見村大字細見奥の一部。


■三和町西松の神社の位置(地図)

■天満神社

三和町字西松(さいまつ)に所在。祭神は、菅原神を祀るとされ、『丹波志』には「昔家」と記し「正一位飛梅宮ト篇セリ」とある。「神社明細帳」には「菅原神」と記し、『細見村史』には「菅原道真を祀る」と述べられている。境内には元禄十二年(一六九九)奉寄御神前の石灯龍が神前左に、また宝永五年(一七〇八)の石灯寵がある。慶応四年改帳には、鳥居の額に「飛梅官有之、社内に薬師堂あり」と記されている。
規模・構造形式は一間社洗造であるが、内陣および背面には柱をたて三間とする。正面に軒唐破風をつけ、柿葺である。身舎は円柱粽付で出組を組む。向拝は連三斗で支え、柱は面取方柱である。身舎とは海老虹梁でつながれ、支輪に彫刻がある。妾飾りは一段持ち出している。
建立年代は十七世紀後半と考えられ、文化五年(一八〇八)普請の棟札や、昭和三十三年(一九五八)補修などから、数度補修の手が入っており、ほんらい三間杜であったものを一間杜に改造されたと推測される。境内には江戸中期と思われる神木杉があり、落雷などを免がれ、天空にそびえている。

■天満神社の写真(平成27年11月18日撮影)

a0003356_16040868.jpg
a0003356_16050730.jpg
a0003356_16052362.jpg



[PR]
by okamura920 | 2017-01-07 21:34 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市三和町中出の寺院・神社

福知山市三和町中出(なかで)の寺院・神社の紹介である。

なお、このブログの記事の中には、下記のホームページの資料を参考にコピー・引用させていただいているところが多くあります(コピー・引用部は、このブログ文中の青色文字の部分)。詳しくは下記のホームページを御覧ください。

『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html
『三和町中出』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/nakade.html

■三和町中出について

「中手」とも書く。細見川中流域。細見谷の2支谷、田ノ谷・西松(さいまつ)川が当地で合流する。細見川左岸を府道709号線(柏原綾部線)が走り、沿道に集落が立地する。
中手村は、江戸期の村。当村は江戸中期まで上流の中嶋村とともに細見辻村の枝郷。綾部藩領。
中出は、昭和10年~現在の大字。はじめ細見村、昭和30年三和村、同31年からは三和町の大字。もとは細見村細見中出といった。

細見中出村は、江戸期~明治22年の村。綾部藩領。江戸中期までの細見辻村枝郷中手村・中嶋村から成る。
明治4年綾部県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年細見村の大字。平成18年より福知山市の大字。
細見中出は、明治22年~昭和10年の細見村の大字。昭和10年細見の冠称を省き中出と改称した。

■中出内の寺院神社の位置(地図)

■顕龍山興雲寺(臨済宗妙心寺派)

興雲寺は中出小字寺の段に所在する臨済宗妙心寺派の寺院である、創建については、各出典記述を列記参照すると、「院明細帳」では「本尊聖観世音菩薩」、その由緒は「慶安三寅年月日不詳創立、丹波国天田郡福知山城主稲葉淡路守ノ建立、開山回天大和尚、当宇迄ノ歴住十三代、文政十一年三月二十日焼失、同年四月創立」と記さる。『天田郡志』には、「開山回天法旧禅師(妙心寺住職にして、師の墓標本寺の西二丁ニ在)、開基は福知山城主稲葉淡路守紀通」。創建の記述は、「寛永二牛三月十五日にしてのち文政八年十一月失火、諸堂焼失、文政十年三月十八日再建。伝へ云往昔は天台宗にて、自泉某寺と号せしが、廃頽甚だしきを以て、嘉左衛門といへる特志家再建を企て、其望を達し、比時より妙心寺派となれりと云、而して稲葉侯の菩提所となれり」。また、後述に「丹波志に曰、、云々」と、稲葉侯除邑のさいの顕龍山号の由来を記している。『丹波志』をよりどころとしながら、寺伝論述がなされているが、同じく『丹波志』には次の記事がある。「開山回天和尚、元福知山ニ在シ、稲葉淡州君断絶ノ時、菩捉所(トシテ此所ニ引)、京妙心寺ノ末寺ナリ、和尚ノ兄弟三人有リトモニ此所ニ移ル、此兄弟子孫、中手村ニ住ス、今市谷ト云所ニ子孫有」と述べている。
興雲寺は、細見谷唯一の寺院であるが、「雅智覚」(西松初見家文書)によると、興雲寺の前身であったと思われる細見村長谷山中島寺は、神池寺(氷上郡市島町)の僧が住持を勤めていたが、寂し無住となったため、回天和尚に入寺を願っていたところ、慶安二年(一六四九)二月に入った、とある。回天和尚は、福知山藩主稲葉紀通にしたがい、その菩提寺であった福知山の冨春院の住持でもある。慶安元年に紀通が自害したあとに細見谷へ入ったことになる。以上のことから、当寺の創建は寛永年間以前にこの長谷に興曇寺の前身である寺があり、住持が無住・荒廃のとき、地元有力者の帰依によって中興、慶安二年にいたって、藩主の菩提
寺冨春院住持回天和尚が、期を一にして入寺、興曇寺の名実中興は成り、寺歴を重ねてきたと考えられる。
興雲寺の本尊は、記述のとおり聖観世音菩薩であり、『福知初市史』によると、「紀通公護念仏聖観音菩薩、此寺之御本尊也、元は鬼カ城ニ安置ス、御本尊ニテ、春日之仏師ノ作也(稲葉古森系図)、また『細見村是』には、稲葉侯持仏党ニ安置セシモノ木造仏像ナリ」とある。
境内の仏堂として観音堂があり「寺院明細帳」に、本尊三拾四仏観音」とある。天田郡西国第七番」雲を興す、寺のお庭に顕われし、一味の雨ニ水主の龍」、また天田郡四国第七十六番近郷十二薬師の第一番「めぐりゆく願いも十二の道ぐに守らせたまう法の尊さ」の詠歌がある
また、寺内には薬師如来木造座像が安置されており、由来は詳らかでないが、おそらく梅田神社の守護であった神宮寺に安置されていた像であろうと思われ、神宮寺の什物帳(安政三年-一八五六-三月八日改、梅田神社文書)には、本尊薬師如来 壱体 焼失之節焼残」とあり、この像を興雲寺が管理したものであろう。火災にあったため、像の腰部の他は、大修理がなされている。
興雲寺には、開山の回天和尚にかかわる遺品も多く、回天和尚の木像、回天和尚使用の諸道具(喚鐘、硯箱など)がある、回天の墨跡や即興詩を板に刻んだものも残されており興味深い。

■興雲寺の写真(平成27年11月2日撮影)

a0003356_16102555.jpg
a0003356_16104335.jpg
a0003356_16110308.jpg
a0003356_16111891.jpg
a0003356_16113271.jpg
a0003356_16115576.jpg
a0003356_16123884.jpg
a0003356_16125178.jpg
■梅田神社

主神に紀氏の祖を祀るという。ちょっと小高い所に超立派な社殿が鎮座する(府登録文化財)。境内にはかつては神宮寺(天台宗梅竜山神宮寺)もあったというが、幕末の火災と明治の廃仏毀釈で烏有に帰したという。
中央に梅田神社、向かって右に春日神社、左に西宮神社(えびす神社)。

■梅田神社の写真(平成27年11月2日撮影)

a0003356_16132869.jpg
a0003356_16135053.jpg
a0003356_16141561.jpg
a0003356_16144605.jpg
a0003356_16150724.jpg
a0003356_16153321.jpg
a0003356_16155570.jpg


[PR]
by okamura920 | 2017-01-06 19:39 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市三和町草山の寺院・神社

福知山市三和町草山(くさやま)内の寺院・神社の紹介である。

なお、このブログの記事の中には、下記の『丹後の地名』というホームページの資料を参考に引用させていただいたところが多い。

   『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html

■三和町草山について・・・以下の多くは『三和町草山』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/kusayama.htmlからの引用させていただいている。詳しくはこのホームページを御覧ください。

三和荘の下から府道59号線(市島和知線)を南西へ入る。土師川の支流寺尾川(草山川)の谷間に民家が散在している。

草山村は、江戸期~明治22年の村。綾部藩領。山裏郷14村の1つ。明治4年綾部県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年細見村の大字となる。
草山は、明治22年~現在の大字名。はじめ細見村、昭和30年からは三和村、同31年からは三和町の大字。平成18年より福知山市の大字。


■三和町草山内の寺院・神社の位置(地図)
■長渓山久宝寺((天台宗)・・・以下は『三和町草山』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/kusayama.htmlからのコピーである。

久法寺は、草山小学段に所在する天台宗の寺院である。『丹波志』に「長渓山久法寺、天台宗神池寺末寺、岩見藤左衛門、観音堂開基、本尊千手観音立像五尺、座像薬師ト二体天田郡六番ノ札所」とされ、観音堂には札所の「井ササ原、草山村、ノ通分ケテ、久シキ法ノ、ミ寺尋子ン」の詠歌があがっている。開山については、『丹波誌』に「福泉法印、慶長二年創建、再建慶応元年」とされ、本尊は「阿弥陀如来、聖観世音菩薩、如意輪観世音菩薩」(『天田郡誌』)とされる。境内仏堂には、護摩堂があり、本尊は不動明王で、弘化二年(一八四五)八月創立である。



■久宝寺の写真(平成27年10月29日撮影)

a0003356_16242922.jpg
a0003356_16244767.jpg
a0003356_16250485.jpg
a0003356_16251985.jpg
■天満神社・・・以下は『三和町草山』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/kusayama.htmlからの引用・コピーである。(このホームページでは天神神社と記載されている)

三和町字草山小字深田に所在。祭神は、菅原神を祀る。「神社明細帳」には、「菅原神」とあり、境内に九社を祀る。老永社(宇賀魂神)・三柱神社・神明神社・八幡神社・愛宕神社・春日神社・水神神社・豊繁神社を祀る」とある。『丹波志』には、「天神二ツ社と云、祭神は国狭槌尊、祭礼九月廿五日」「中古此所ニ族僧来、大般若三百部書写之、此所ニ納ム、同村久法寺の観音薬師同施主也、此僧何人成ヲ不知」とあり、六人部七天神の第二社とされる。「中古此所ニ旅僧来」とあるが、現在本殿内には、永享八年(一四三六)の「大願主定仙」と署名された施入札があり、なんらかの関連があるのであろうか。創建は、『細見国史』によると、「六人部七天神の一つにして天文二十年(一五五一)の創建」と記されている。
規模・構造は、標準的規模の一間社流造で、板葺としている。身舎は円柱で、舟肘木で軒を支持する。向拝は面取方柱て、連三斗を組む。虹梁で身舎につながれ古風である。組勾欄付木口縁をまわし、正面には擬宝珠をたてる。妻飾は猪ノ子叉首を使っている。全体に中世の形式を保っており、十六世紀の建立の可能性もある。ただし、のちに修理の手がくわえられており、脇障子や向拝の柱や水引虹梁、木鼻、蟇股などは、おそらく享保年間ころ(一七一六~三六)に修理したものと思われる。いずれにしても、町内最古の木造建造物と考えうる。

■天満神社の写真(平成27年10月29日撮影)

a0003356_21411118.jpg
a0003356_21412121.jpg
a0003356_21412761.jpg


[PR]
by okamura920 | 2017-01-04 20:01 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市三和町寺尾の寺院・神社

福知山市三和町寺尾(てらお)内の寺院・神社の紹介である。

なお、このブログの記事の中には、下記の『丹後の地名』というホームページの資料を参考に引用させていただいたところが多い。

   『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html

■三和町寺尾について・・・以下の多くは『三和町寺尾』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/terao.htmlから引用させていただいている。

河岸段丘の高い位置にあって、高原のような雰囲気がある。土師川支流寺尾川の谷間に位置して、谷奥を寺尾山田という。往古当地では温泉が出たと伝えている。
寺尾村は、江戸期~明治22年の村。綾部藩領。山裏郷14村の1つ。はじめは草山村の枝郷で、元禄の国絵図改以後高分けされたという。
。明治4年綾部県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年細見村の大字となる。
寺尾は、明治22年~現在の大字名。はじめ細見村、昭和30年からは三和村、同31年からは三和町の大字。平成18年より福知山市の大字。

 
■三和町寺尾の寺院神社

■妙見山実相寺(日蓮宗)・・・以下は『三和町寺尾』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/terao.htmlからの引用・コピーである。

実相寺は、寺尾小字薬研に所在の日蓮宗の寺院で、本山は身延山久遠寺である。明治二十五年(一八九二)寺尾小字薬研に妙見堂が創建され、日蓮宗実相寺として本堂・庫裡兼用の木造で、梁行き六間、桁石き六間三六坪、茅葺き一棟が建設された。その後寺院に改称すべく申請したが、寺院創建は不許可となった。ところが、船井郡上和知村字市場小字上ノ山に同宗の実相寺があり、檀家も少なく堂字の維持も困難な事情があり、細見村地域に信徒多数、しかも当時移転の希望がある中で、信徒双方協議の結果、大正九年(一九二〇)十月、村長副中をつけ京都府知事に申請した。大正十二年(一九二三)三月二十日、改築設計を提出し、建立のはこびとなった。移転取調書には、本尊はじめ諸仏像が記されており、「釈迦牟尼仏壱体・多宝如来壱体・顕目宝塔壱体・四菩薩四体・日蓮大壬壱体!妙見大王壱体・鬼子母神壱体」と記されている。なお、和知の実相寺は、延宝六年(一六七八)十一月四日に上和知に創立されている。

■実相寺の写真(平成27年10月24日撮影)
a0003356_12460801.jpg
a0003356_12461592.jpg
a0003356_12462203.jpg


■三柱神社・・・以下は『三和町寺尾』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/terao.htmlからの引用・コピーである。

三和町字寺尾小字北畑に所在し、祭神は、火産霊命・奥津比古命・奥津比売命とされる。
『細見村史』『丹波誌』ともに火産霊命・奥津比古命・奥津比売命を祀るとある。『丹波志』または「綾部藩藩政社寺要記」には別の名として、三宝荒神と社名される。また、「神輿出ル、境内凡五十間四方、古薬師山也、于今薬師堂有リ、俗伝ニ云、八十年斗以前、草山村天神ノ社地ヨリ移シ祭ル、千束、芦渕同意、別ニ此神ヲ産神トス、三俣村御幣明神祭礼ノ時、于今此村々ノ機数ヲ校フト也」とあり、本村であった草山村から寺尾村が分村し、神社も分祀されたことがわかる。分村の時期は寛永年間ごろ(一六二四~四四)と伝えられており、『細見村史』の創建時期を寛永年間としている記述も、出典はあきちかでないが、大誤はないであろう。
現在の社殿は、元治二年(一八六五)地五大工による再建で、一間社流造、柿葺である。身舎は円柱で出三を組み、向拝は几帳面取方柱で連三斗を組み、海老虹梁でつなぎ手挟がある。

■三柱神社の写真(平成27年10月29日撮影)
a0003356_12563133.jpg
a0003356_12565255.jpg
a0003356_12565741.jpg
a0003356_12570995.jpg
a0003356_12571342.jpg
a0003356_12571804.jpg
a0003356_12572298.jpg


[PR]
by okamura920 | 2016-12-29 13:07 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市三和町千束(せんぞく)の神社

福知山市内の寺院・神社の紹介の2番目は、三和町千束である。

なお、このブログの記事の中には、下記の『丹後の地名』というホームページの資料を参考に引用させていただいたところが多い。

   『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html

■三和町千束について・・・・以下は『三和町千束』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/senzoku.htmlからの引用である。

旧三和町の中心地で、福知山市三和支所などがある。
土師川南岸の広い河岸段丘上に位置し、国道9号(山陰街道)が北西から南東に貫通。沿道に集落が立地する。
かっての千束村は、江戸期~明治22年の村。綾部藩領。山裏郷14村の1つ。
貞享3年に、当村の次郎吉を頭取とした領主への強訴が発生し、同人に組した者はみな追放となった。その際に、次郎吉は古記・水帳などを携えて出村したために、その以前の村の状況は多く不明になったという。明治4年綾部県、豊岡県を経て、同9年京都府に所属。同22年細見村の大字となる。
千束は、明治22年~現在の大字。はじめ細見村、昭和30年三和村、同31年からは三和町の大字。平成18年より福知山市の大字。
 
詳しくは下記のホームページを御覧ください。
 
 『三和町千束』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/senzoku.html


■千束内の寺院神社の位置(地図)
■大歳神社・・・以下は『三和町千束』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/senzoku.htmlからのコピーである。

三和町字千束小字清水に所在。祭神は、素盞嗚命の御子大歳。「綾部藩藩政社寺要記」には、「大年明神」と、「年」をあてており、また「神社明細帳」には、「大歳神」とある。『細見村史』には、「素盞男命の御子大歳の神を祀る」と記され、「千束に鎮座せられた、元荒船神社を合祠する」とある。さらにかつて、「生野神社の氏予であったが、分離して農神である大歳の神を祀ったもの」という。『丹波志』にも、「俗伝云、往古ハ三俣村御幣大明神本居諍論有之、別此神ヲ祀ルト云」とあり、「御幣はん」(生野神社)を中心とする「六人部七天神」との関係を伝えている。
規模・構造は、一間社流造、銅板仮葺で、元は柿葺であった。身舎は門柱、上部に出組を組む。内部は扉で内陣と内々陣をしきり、天井は棹縁天井、床は拭板敷である。向拝は几帳面取方柱で連三斗を組み、浜縁を備え、海老虹梁でつながれる。軒は二軒繁垂木である。妻飾りは一段持出し、二重虹梁大瓶束としている。この地域の典型的な一間社流藁といえる。建立は様式的に十七世紀後半と推定される。なお、境内には享保六年(一七二一)の石燈籠かある。

■大歳神社の写真(平成27年10月24日撮影)

a0003356_22094787.jpg
a0003356_22100933.jpg
a0003356_22102055.jpg
a0003356_22102973.jpg

[PR]
by okamura920 | 2016-12-26 14:08 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市三和町芦渕(あしぶち)の寺院・神社

二年ぶりの更新となったこのブログでは、今後福知山市内の寺院・神社を紹介していきたい。
第1番目は、私の菩提寺や氏神さんのある三和町芦渕から始める。

なお、このブログの記事の中には、下記の『丹後の地名』というホームページの資料を参考に引用させていただいたところが多い。
このホームページは、タイトルが丹後となっているが、丹後のみならず丹波についても詳しく記載されていて、福知山市の地域、神社、寺院についての歴史的資料は詳細かつ膨大である。

   『丹後の地名』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/index.html

■三和町芦渕について
芦渕区の中央に国道9号が走り、近接並行して由良川の支流土師川(はぜ川)が流れ、その両側が山になる中山間地域である。

江戸期から明治22年までは芦渕村と称し、明治4年綾部県、豊岡県を経て、同9年に京都府に所属。
同22年細見村芦渕となる。
昭和30年3月に細見村、菟原村、川合村が合併し、三和村が発足して天田郡三和村芦渕、同31年からは天田郡三和町芦渕、平成18年1月1日より福知山市三和町芦渕となる。
 
詳しくは下記のホームページを御覧ください。
 『旧細見村』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/hosomiv.html
 『三和町芦渕』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/asibuti.html


■芦渕内の寺院神社の位置(地図)

■霧窓山廣雲寺(臨済宗妙心寺派)・・・以下は『三和町芦渕』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/asibuti.htmlからのコピーである。

  中出興雲寺の開山、回天和尚の隠居寺として知られている。本尊は釈迦如来である。「寺院明細帳」には「堂宇創立ハ、慶安弐年丑年月日不詳、開山同細見奥村興雲寺回天法旧和尚ヲ請テ、当寺開山トナス、当字迄の歴住八代」とある。『丹波志』には、「回天和尚隠居所芦渕村ニ存、今霧窓山広雲寺ト云、家老黒川吉之助施主本尊在之」と記され、『丹波志』にも「興雲寺ヲ退隠シテ、此所ニ住シ、稲葉氏の家老黒田吉之助寄付ノ仏を以テ本尊トシ祭リ、逐ニ壱宇トナレリ」とある。『天田郡志』にも同様に記され、『細見村史』に、「開基は妙心寺住職回天法旧和尚、寛文二年(一六六二)壬寅四月二十五日の創建」とまとめられ、興雲寺入寺以来十年余で、当寺を中興創建におよんだものと考えられる。

■廣雲寺の写真(平成27年10月24日撮影)

a0003356_22140791.jpg
a0003356_22142806.jpg
a0003356_22145178.jpg
a0003356_22150606.jpg
a0003356_22153624.jpg

■王歳神社・・・以下は『三和町芦渕』:http://www.geocities.jp/k_saito_site/amata/asibuti.htmlからのコピーである。

 三和町字芦渕バン上に所在し、祭神は仁徳天皇。王歳神社の文字について『丹波志』は、この字であるが、「綾部藩藩政社寺要記」には、「大年」と記されている。祭神は、『丹波志』によると、「祇園左脇ノ神也ト云、私曰、恐クハ少将井ナランカ、則稲姫也」とある。『細見村史』には明記されず、「神社明細帳」には、仁徳天皇とある、さらに『細見村史』には「大国主命を祀る」とある。天正三年(一五七五)仲秋の創建、明治二十六年(一八九三)再建とある。
規模・構造は、一間社流造、軒唐破風付で柿葺。身舎は円柱粽付、出組詰組とし、向拝は几帳面取方柱で、連三斗が軒を支えている。身舎とは海老虹梁でつながれ手挟がある。二軒繁垂木で妻は一段持出し、二重虹梁になっている。現建物の覆屋の桁には明治二十六年上棟の札がある。
■王歳神社の写真・・・平成27年10月24日撮影

a0003356_22182617.jpg
a0003356_22183897.jpg
a0003356_22185270.jpg

平成28年元旦の風景
a0003356_22190889.jpg




[PR]
by okamura920 | 2016-12-24 10:14 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)

福知山市内寺院・神社めぐりウオーキング

このブログも約2年ぶりです。

2015(平成27)年10月24日、ウオーキングを目的に福知山市内の寺院・神社めぐりを開始しました。
そして、この(2016年)12月に福知山市内のほとんどの寺院・神社巡りを満願いたしました。
(Google Mapに記載の寺院、神社を元にウオーキングしたため、寺院はほとんど漏れは無いかと思いますが、神社は、Mapに記載のないものがたくさんあるようで、もれが多くあると思われます)

ウオーキングの方法は、一日に歩く時間を2~4時間程度として、目標の地域まで車で出かけて駐車場に車を置いて、寺院、神社をめぐって写真を撮りながら歩き、駐車場まで帰ってきます(距離は4~12km)。
このウオーキングで役に立ったのが、事前調査のためのGoogle Mapと、道案内のためのスマホのナビでした。
又、一日のウオーキングの軌跡がスマホのアプリによって記録できたことも、面白い経験でした。
(このウオーキングの軌跡と写真はFace bookでも紹介しています)


福知山市は、2006(平成18)年1月1日に、福知山市と近隣の三和町、大江町、夜久野町の1市3町が合併して、新しい福知山市となったもので、人口約8万人の小さな地方都市です。

この福知山市内の寺院・神社を、延べ51日、寺院数122、神社数142か所を巡って393kmを歩きました。た。

このブログでは今後すこしずつ、巡った地域や、寺院、神社を紹介していきたいと思っています。

引き続きご照覧ください。


■福知山市三和町内の寺院・神社
  巡った寺院数は14、神社数は24です。(下記の地図をクリックすると、拡大します)
■福知山市大江町の神社・寺院
  巡った寺院数は16、神社数は19です。(下記の地図をクリックすると、拡大します)

■福知山市夜久野町内の寺院・神社
   巡った寺院数は15、神社数は16です。(下記の地図をクリックすると、拡大します)

■旧福知山市(合併前)内の寺院・神社
   巡った寺院数は77、神社数は83です。(下記の地図をクリックすると、拡大します)




[PR]
by okamura920 | 2016-12-23 15:58 | 福知山市内 神社・寺院 | Comments(0)