<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年4月20日(晴) 穀雨と阿弥陀如来

今日は、暦便覧に『春雨降りて百穀を生化すれば也』と記される、二十四節気の『穀雨』である。
田んぼや畑の準備が整い、それに合わせるように、柔らかな春の雨が降る頃といわれるが、今年の雨はまだ冷たい。我が家ではこれから田んぼや畑の準備が始まる。

昨日、兵庫県小野市にある、極楽山浄土寺へ出かけた。

下の写真は、鎌倉時代の初め(1192年)に建設され、創建から770年の風雪に耐え、昭和33年(1958年)に解体され再建された国宝浄土堂である。
この建物は、奈良の東大寺南大門と同じ建築様式(大仏様)で、全国に二つしかない、我が国建築史上特異な様式という。
a0003356_8303153.jpg

この浄土堂の中には、国宝の阿弥陀如来像(高さ5.3m)と両脇の観音菩薩と勢至菩薩が安置されている。その立派さに圧倒される。
鎌倉時代の仏師運慶の作で、そのまま現在まで保存されているのは驚きである。
特に夕方西陽に浮かびあがる様は圧巻であるという。もう一度訪れたいものである。
a0003356_8311722.jpg

                 (写真はパンフレットから借用)
[PR]
by okamura920 | 2006-04-20 20:14 | 小さな旅 | Comments(0)

2006年4月19日(曇) 今年の桜も最後

a0003356_12561449.jpg
今年の桜の季節は寒かったせいか、花のもちが良かった。・・・・・が、


a0003356_12565934.jpg
今日の風で花が落ち、花吹雪を見る一日であった。
[PR]
by okamura920 | 2006-04-19 21:54 | 小さな風景 | Comments(0)

2006年4月9日(曇) やっと桜が

a0003356_18233560.jpg

近所の桜がやっと咲いてきた。3分咲きぐらいであろうか。
昨日は、はるか大陸のゴビ砂漠から飛んでくるといわれる黄砂で、うっとうしい一日であった。
その影響か、今日もまだすっきりしない日であったし、明日もまた雨のようだ。
近所の田んぼからは、そろそろトラックターの音が聞こえてきだした。
[PR]
by okamura920 | 2006-04-09 18:33 | 暦 行事 | Comments(0)

2006年4月2日(雨) 詩吟『獄中作』

京都府吟士権決定詩吟大会 全丹地区一次予選が、福知山市市民会館で開催され、参加した。
福知山・綾部・舞鶴・北丹地区の約300人が参加し、一次予選が行われたものである。(なんとか一次予選は通過できた)

詩題は、幕末の志士、安政の大獄で斬首に処せられた福井藩士、橋本左内が獄中で作った『獄中作』であある。

二十六年如夢過  顧思平昔感滋多
(二十六年、夢の如く過ぐ。顧みて平昔を思えば、感ますます多し。)
天祥大節嘗心折  土室猶吟正気歌
(天祥の大節、かって心折す。土室なお吟ず、正気の歌。)
[PR]
by okamura920 | 2006-04-02 19:35 | 詩吟 | Comments(0)

2006年4月1日(晴) 自転車に乗れる

a0003356_21583840.jpg

4月に入って大分暖かくなってきたので、久しぶりに5才の孫娘を見に、京都まで足を延ばしてきた。
三輪車のコマをはずして、二輪で走り回っていた。もうこの自転車も小さくなってきたようである。
桜の開花ももう少しである。
[PR]
by okamura920 | 2006-04-01 21:55 | 小さな旅 | Comments(0)