<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2006年6月30日(曇) 丹波あじさい寺

6月も最終日の今日、関西花の寺第一番霊場 丹波あじさい寺と言われる、観音寺を訪れた。
6月25日にあじさい祭りも終わって、すこし盛りを過ぎた感があったが、それでも名に恥じない美しさであった。
6月の中ごろから良く雨が降っているせいか、今年のあじさいの色はひときわあざやかなような気がする。
a0003356_18183772.jpg
観音寺山門

a0003356_18203744.jpg
ようおまいりの地蔵さんが迎えてくれる

a0003356_18213621.jpg
庫裏の中から見るのも美しい

a0003356_18232219.jpg

[PR]
by okamura920 | 2006-06-30 18:28 | 小さな旅 | Comments(0)

2006年6月20日(晴) モリアオガエルのその後

今朝、『6月13日に発見したモリアオガエルの卵塊』を見に行くと、丁度孵化したおたまじゃくしが、水面に落ちていくところが観察された。
小指の先ほどの大きさのシャーベット状のものが、卵塊の下部からぶら下がってきて、ポトり、ポトリと落ちていった。(1~2分に1個落ちていった)
その中には、黒い5~6ミリのおたまじゃくしが3~4匹いて、水面に落ちると元気に泳いで水中に消えていった。

おたまじゃくしからカエルになって山へ帰ると、クモやハエなどの昆虫を主食として、樹上で生活し、木から木へサーカスのように移動するという。
偶然にも不思議な光景を見ることができたものである。
a0003356_19411991.jpg
写真上部の卵塊から小指の先ほどの塊になって、落ちていく。


a0003356_19441868.jpg
とんがった塊の中に3~4匹のおたまじゃくしが動いている。
[PR]
by okamura920 | 2006-06-20 19:53 | 小さな風景 | Comments(0)

2006年6月18日(晴) 古民家リフォーム塾 第2日

古民家解体一日目の今日は、午前中別の所用があり、私の参加は午後からであった。
現場へ行くと、すでにたたみを上げて、不要な壁を落されたり、なかなかの進行ぐあいであった。
NHKテレビとテレビ東京が取材に来るとの情報もあったが、結局はこなかった。
わたしの今日の仕事は、電気配線の取り外し作業であった。
この『古民家リフォーム塾』のリーダは、一級建築士のF氏である。
F氏は、4年前に古民家を購入し、現在自分でリフォーム中で、完成するまで家の横にテントを張って、そこで生活しているという面白い人である。
それらのことが、氏のホームページで紹介されていて面白い。
a0003356_126139.jpg
解体作業も順調に進んでいる

a0003356_1272086.jpg
解体中、問題が発生。天井を見上げて、なにやら相談やら勉強をしている

a0003356_128565.jpg
リフォームの匠達の一服。メンバーは他に2~3人。
右から3人目がリーダのF氏。
[PR]
by okamura920 | 2006-06-18 23:30 | 古民家リフォーム塾 | Comments(0)

2006年6月18日(晴) 古民家リフォーム塾 第1日

我が家の近くに、『百姓塾』というユニークな、NPO(特定非営利活動)法人があり活発に活動されている。
この塾は、田舎で暮らすための実践的な技術や知識を学習する塾である。
この百姓塾の主催で、新たに、『古民家リフォーム塾』が開講されることになり、塾生を募集されている事を知った。
建築士や大工さんと一緒に塾生が古民家を実際にリフォームしていこうというプロジェクトである。
モデルの古民家も我が家から15分ほどのところでもあり、なんとなく面白そうな企画であったので、申込んでしまった。
昨日が初日で、今後毎月、第1週と第3週の土日に、12月まで開催される。
昨日は建築士や大工さん、百姓塾の人たちスタッフ5人と、塾生5人の顔合わせと、古民家の調査であった。(6ケ月の間に塾生は増えていきそうである)
今日からさっそく室内の解体作業が始まった。
6ケ月後には、はたしてリフォームが完成するのであろうか。
a0003356_22475950.jpg
この古民家を6ケ月かけてリフォームしていく。

a0003356_22494579.gif
Before

a0003356_22504995.gif
After(予定)
[PR]
by okamura920 | 2006-06-18 22:54 | 古民家リフォーム塾 | Comments(0)

2006年6月13日(晴) モリアオガエル

昨日のローカル新聞(両丹日日新聞)に、福知山市の大興寺でモリアオガエルが産卵したとの記事と写真が掲載されていた。
この卵は、池の木の上に産み付けられるもので、ソフトボール大の白いアワ状の塊である。

今朝、偶然、我が家の近くの池の渕に、見慣れない白い塊があり、近くによってみてみて、この新聞記事を思い出し、モリアオガエルの卵塊であると気がついた。

ネットで調べてみると、モリアオガエルは、地域によっては、その自治体の天然記念物に指定されていて、体長は、4~8cmのカエルである。
このカエルは、森林に住み、樹上生活を送り、池や沼や田などの水面に張り出した、木の枝や草むらに黄白色の泡状の卵塊を産み、孵化した幼生(おたまじゃくし)は、そこから水面に落ちて、水中で成長していくという。
しばらくは毎日様子を見てみようと思っている。
a0003356_1553288.jpg
写真の中央上、白い泡状の塊がモリアオガエルの卵塊。
300~500の卵でできているという。
[PR]
by okamura920 | 2006-06-13 15:15 | 小さな風景 | Comments(0)

2006年6月5日(晴) 大峯山登拝

丹波三和講主催の大峯山登拝に参加してきました。
今年で3度目の参加になります。
4日の午前3時半のバスに乗って、奈良を目指し、登拝し、ふもとの宿で一泊し、今日無事にかえってきました。

a0003356_22254633.jpg
登山口の女人禁制結界門をくぐって入山する。

a0003356_22295039.jpg
2004年7月に『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として、ユネスコ世界遺産に登録された、修験道『大峯奥駈道』を登っていく。。

a0003356_22342717.jpg
新客さん(初めて登拝する人)は、いろんな修行が待っている。
写真は、150mの絶壁から吊るされる、日本3大荒行のひとつ『西の覗き』。。

世界遺産の一部『大峯奥駈道』は、天川村のホームページをご覧ください。
[PR]
by okamura920 | 2006-06-05 22:16 | 小さな旅 | Comments(0)