<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2008年6月25日(曇) 最近のヘリ道-2

a0003356_1341624.jpg

昨日修理を完了した1号機(写真のEPキャリバー400)の修理確認テストフライトを行ってきました。
飛行状況はまあまあで、本来の素直な飛びに戻っているようです。

2フライト目に、つい調子に乗って高度をあげすぎ姿勢を見誤って、また墜落させてしまいました。サーボは動きますが、モーターがピクッとも動きません。

どうもアンプかモーターの故障のようです。どちらも高価なので修理に時間がかかりそうで、修理が完了するまでは、2機体制です。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-26 13:20 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年6月24日(曇) 最近のヘリ道-1

a0003356_13581863.jpg

本格的な梅雨の候となり、なかなか思うようにヘリが飛ばせませんが、少しの合間を見てはヘリ道に励んでいます。

現在EP(電動)キャリバー400シリーズの3機体制ですが、機体の調子は3機ともほぼ良好で、高度4~5mでの左右往復移動(ラダーターン)の練習中です。

つい調子にのっていると、高度が10m以上になったり、40m程遠方に行ってしまって、青くなることがしばしばです。

つい最近、1号機の飛行練習中に、遠方に行っったために、姿勢を見誤り制御できず墜落させてしまいました。

写真は、この1号機の修理のための分解の状況です。分解、再組立も、大分なれてきました。
今回の修理は、ローター、メインギアー、ロアーフレーム、メインマストの取替えが必要のようです。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-25 14:21 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年6月2日(曇) 2008年大峯山ー7

a0003356_21353691.jpg

写真は龍泉寺で護摩焚き祈願をしてもらっているところである。

その行いは、1300年の歴史を刻み、そしてその神秘な行事は、俗界を忘れるひと時であった。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-06 21:51 | 小さな旅 | Comments(0)

2008年6月2日(曇) 2008年大峯山ー6

a0003356_211782.jpg

(写真は龍泉寺とその周囲を囲む水行場)

大峯山登拝登山も無事に終わり、ふもとの温泉旅館で一泊し、2日目の朝は、食事前に旅館の近くの龍泉寺へのお参りである。

龍泉寺は、今から1300年前、大峯山の開祖役行者によって草創された名刹で、全国修験道の根本道場として信者、登山者が必ず訪れるといわれる真言宗醍醐派大本山である。

周囲には山から湧き出る清水をたたえた水行場があり、かっては、登山者はこの中に入って身を清めてから登山したとのことである。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-06 21:21 | 小さな旅 | Comments(0)

2008年6月1日(晴) 2008年大峯山ー5

a0003356_13424699.jpg

大峯山参拝登山の終点は大峯山寺本堂(写真)である。
元禄4年(1691年)に再建されたもので、ここを通り山々の尾根を結び、今なお続く修行の道『大峯奥駆道』は世界遺産とされている。
わが国で最高所に建つ国重要文化財のお寺で、毎年5月3日に戸開式、9月23日に戸閉式が行われているという。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-05 14:39 | 小さな旅 | Comments(0)

2008年6月1日(晴) 2008年大峯山ー4

a0003356_13443597.jpg

大峯山登拝新客さんの修行のひとつ、『西の覗』である。身体にロープをつけて、絶壁から逆さづりされ、先達さんの問いかけに、『ハイ』というまでは、引き上げてはくれない。

子供には、
『お父さん、お母さんの言う事をきくか』
『悪いことはしないか』
『先生の言うことは聞くか』
『兄弟は仲良くするか』等、等

大人に対しては、
『親を大事にするか』
『嫁さんを大事にするか』
『浮気をしないか』等、等

これらの問いに、過去1300年間、いまだに『ノー』と答えた人はいないらしい。
これが一番てっとり早い、社会教育であるかも知れない。

カメラの私は、足がすくんでこれ以上前には出られない。(私は既に5年前に修行済である)

今日は、今までにないほど天気が良く、遠くの山々が美しい。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-04 13:52 | 小さな農業 | Comments(0)

2008年6月1日(晴) 2008年大峯山ー3

a0003356_7401920.jpg

今年の大峯山登拝参加者は32名、その内初参加の新客さんが3名あった。
新客さんの内の一人が、おじいちゃんに連れられて参加の小学2年生の男の子(写真の右)である。
参加した男の子もえらいが、学校を休ませて参加させた親もえらいしおじいちゃんもえらい。この二日間で、この子は学校ではできないたくさんの勉強をしたことと思う。

写真は、新客さんの修行場のひとつ、『西の覗き』で、修行の前の祈りを行っているところである。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-04 08:19 | 小さな旅 | Comments(0)

2008年6月1日(晴) 2008年大峯山ー2

a0003356_1002165.jpg

霊峰と呼ばれる大峯山は、今から1300年前、役の行者によって開かれたといわれ、霊場『吉野大峯』と参詣道『大峯奥駈道』は、『紀伊山地の霊場と参詣道』として、平成16年7月に世界遺産としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。

登山口の大峯大橋の100mほど先に、女人結界門があり、これより先は今なお女人禁制である。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-03 10:26 | 小さな旅 | Comments(0)

2008年6月1日(晴) 2008年大峯山ー1

a0003356_9373257.jpg

(写真は大峯山登山口の大峯大橋)

今年も丹波三和講の皆さんと、大峯山参拝登山を行ってきた。今年で5回目である。

6月1日、朝4時半に地元をバスで出発し、奈良県天川村洞川(どろがわ)温泉の宿に荷物を置いて、登山口の大峯大橋を出発したのが、9時半。
例年になく、快晴の気持ちの良い天候である。これから、登り約4時間の登山が始まる。
[PR]
by okamura920 | 2008-06-03 09:58 | 小さな旅 | Comments(0)