<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年7月27日(晴) みわ鮎まつり

a0003356_11364070.jpg

第20回みわ鮎まつりが近くの土師川で開催された。

土師川に設けられたバイパスに鮎を放流し、つかみ取りするもので、取ったあゆは、河川敷に設けられた炭火で塩焼きにして食べられるという催しである。

多い人で20匹ほどのあゆを捕まえた人がいたようである。料金¥1,000は安い!!!。

今年で第20回を迎えるこの行事も、いまではすっかり定着し、京阪神地域からのお客さんでにぎわった。

当自治会も実行委員会のメンバーになっていて、昨日の準備に引き続いて、今日は交通整理が担当であった。

連日、猛暑日が続いていて、今日も暑い一日であったが、役員さんをはじめボランティアの皆さんの頑張りで、今年も大盛況であった。
[PR]
by okamura920 | 2008-07-28 12:29 | 暦 行事 | Comments(0)

2008年7月26日 ラジコンヘリ XRB-SR シャトル お嫁入り

a0003356_15475985.jpg

ラジコンヘリ道のメイン機を EPキャリバー400 とし、サブ機として SRB クオークをそろえることができ、愛用していたXRB-SR シャトルを卒業したとして、オークションに出していたところ、落札していただいた。晴れてお嫁入りである。

XRB-SRは昨年11月に、本格4チャンネルヘリの入門機として購入したもので、この時がヘリ道のそもそもの始まりであった。

XRB-SRは同軸二重反転方式と呼ばれ、二段のローターをたがいに逆方向に回転させることにより、ローターが回転する際の反動トルクを打ち消して、安定した飛行が可能となるヘリである。

それでもヘリの操縦は難しく、最近やっと、6畳の部屋でほぼ思い通りに飛行できる段階になってきたところである。今でも油断すると、部屋の壁に接触させてローターを破損させることがしばしばであった。

お嫁入り先で、活躍する事を祈るばかりである。
[PR]
by okamura920 | 2008-07-26 16:15 | ラジコンヘリ道 | Comments(2)

2008年7月22日(晴) ラジコンヘリ XRB-SRとSRB Quark

a0003356_20291178.jpg

写真奥のラジコンヘリが私のヘリ入門機である、ヒロボー製室内用同軸二重反転方式 XRB-SR Shuttle である。
写真手前が、雑誌の読者プレゼントの抽選に当たり、このたび送られてきた、ヒロボー製シングルローター方式の SRB Quark で、ほぼXRBと同じ大きさである。(全長約400mm)

XRB-SR はラジコンヘリの入門機と位置付けられ、無風状態の室内限定ヘリであるが、ローターが二重反転であるため、少し慣れれば、容易に飛行させることができ、安定性の優れたヘリである。
それでも、今までに100回程度(延べ20時間)飛行させ、ローターを40枚ほど破損させたが、ラジコンヘリの面白さと奥深さを実感させてくれた機種であった。
 
SRB Quark は、同じヒロボー製で、XRBの上位機種と位置付けされ、ラジコンヘリの初級・中級者向け用で、3m/S以下の風であれば、屋外でも飛行可能とされている。操縦性も屋外用ラジコンヘリとほぼ同じ感覚であるため、屋外ヘリの練習機として活用できる。
早速、苦手の対面ホバの練習に活用している。

愛着があるXRBは、嫁入り先を募集中(オークション出品中)である。
[PR]
by okamura920 | 2008-07-22 21:20 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年7月20日(晴) SRB Quark プロポと組合せ

a0003356_10511727.jpg

SRBと手持ちのEPキャリバー用プロポを組合せるため、機体用クリスタル(40MHz83バンド)を注文していたところ届いたので、機体に取付しプロポの設定を行った。

プロポの設定は、モジュレーションをPPMに、スワッシュをノーマルにし、レボリューションミキシングを無効に設定するだけで、説明書通りに設定すれば至極簡単であった。

早速、六畳の部屋で浮かしてみたところ、思ったより簡単に浮き上がり、ホバリングも可能であった。
シングルローター方式であるため、同軸二重ローター方式のXRBの安定性には及ばないものの、EPキャリバーと同じ感触の操縦性であることがうれしい。

万一落下させても損傷被害が小さく、サイフにやさしいため、キャリーバーで苦手な対面ホバなどの練習が可能である。
[PR]
by okamura920 | 2008-07-22 11:06 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年7月20日(晴) うれしい電話(3) SRB Quark開梱

a0003356_22261324.jpg

発注していたSRB Quark 機体用クリスタル(40MHz83番)がヒロボーから届いた。
これでやっと、機体とプロポを組合わせたセットが出来ることとなった。

SRBを開梱した第一印象は、ほぼ想像内でありXRBとほぼ同じ大きさであるが、XRBに比べて少しひ弱な感じがしないこともない。

はたしてシングルローター方式のSRBは、二重反転方式XRBと飛びの違いがあるのだろうか。

まずは手持ちのプロポ(EP キャリバー400用を使用)の設定である。
[PR]
by okamura920 | 2008-07-20 22:46 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年7月17日(晴) うれしい電話(2) SRB Quark届く

a0003356_14101754.jpg

7月10日にうれしい電話があって以来、配達されるのを心待ちにしていたヘリ(ヒロボー製、SRB Quark)が、やっと届けられた。

早速開封して触ってみようかと思ったところ、機体の周波数が手持ちのプロポの周波数と異なるために、機体用のクリスタルの購入が必要となった。(クリスタルのバンドを連絡しておいたのだが、さすがにそこまでは対応できなかったとの事)

早速ヒロボーに電話して、クリスタルの注文を行った。到着まで、3~4日かかりそうである。
それまでは、じっくりと説明書を読んでおこう。
[PR]
by okamura920 | 2008-07-17 14:24 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年7月10日(晴) うれしい電話(1)

a0003356_11551075.jpg

東京の出版社からうれしい電話があった。

今年の2月に写真の本(ラジコンヘリ解体新書、枻出版社、上の写真)を買って、この本に記載されていた読者プレゼントに応募していたものに、当選したとの電話であった。

とっくの昔に、応募したことも忘れていたのだが、電話によると、ラジコンヘリSRBクオーク(ヒロボー製、定価5万6700円)がいただけるとのことである。

SRBクオークはヒロボー製室内専用ヘリで二重反転ローターヘリであるXRBの上位機種で、シングルロータヘリ(屋内外で飛行可)である。

私自身のヘリ入門がXRBで、これを卒業し現在屋外用のシングルローターヘリにはまっているところであり、SRBは小型ヘリとはいえ、願ってもないプレゼントである。

一週間以内に発送とのことであるので、楽しみがひとつ増えた。
[PR]
by okamura920 | 2008-07-11 12:57 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)