<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008年10月25日(曇) いいかげんがいい

『いいかげんがいい』

これは今日の新聞の広告欄に載っていた、新刊の本のタイトルである。
副題は『無理しない。よくばらない。今を楽しむことがだいじ』で、人生は、いいかげんで、ほどほどに生きるのがいいというのが中身のようである。(本を読んだわけではない)

著者は、鎌田實氏で、1948年生まれの60歳。
現在諏訪中央病院名誉院長で、2004年からイラクに医療支援を開始し、毎月400万円の薬を送り続けているという。

これからの世の中、不況色が濃厚になってきた。
世の企業戦士に、あまり無理して体や心を壊さないように、この言葉『いいかげんがいい』を送りたい。
[PR]
by okamura920 | 2008-10-25 13:58 | 今日の新聞から | Comments(0)

2008年10月17日(晴) 今年のお祭りが新聞に

a0003356_20223084.jpg

10月12日の王歳神社秋季大祭の模様が、今日の地元新聞『両丹日日新聞』のトップに掲載された。
(画像をクリックしてください、拡大表示されます)

京都嵐山の皆さんとは、これを機会に、今後末永くお付き合い願いたいと思っている。
[PR]
by okamura920 | 2008-10-17 20:31 | 暦 行事 | Comments(0)

2008年10月12日(晴) 今年のお祭りはチョット違った

a0003356_20202290.jpg

今日は毎年恒例の、地元の氏神さんの秋季大祭であった。
しかし今年のお祭りは、例年のお祭りとチョット違うところがあった。

それは、我氏神さんの神輿渡御に、京都から16名の助っ人があったことである。
上の写真は、神輿渡御前の記念撮影の写真で、神輿の前の白い法被の皆さんが、京都からの助っ人である。後の若い衆が、わが地域の神輿の担ぎ手である。

この助っ人とは、京都の松尾大社のお祭りである松尾祭で、その摂社である櫟谷社の神輿を担いでおられる皆さんである。

a0003356_2039241.jpg

この写真は、櫟谷会の皆さんの、担ぎっぷりを披露していただいているところ。

我王歳神社のお祭りに、どうしてこの助っ人に来ていただけることになったかについては、左の親サイトに記載を準備中である。

櫟谷会の皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by okamura920 | 2008-10-12 20:44 | 暦 行事 | Comments(0)