<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2013年3月22日 丹波古刹15ケ所霊場 第7番 弘浪山 高山寺

a0003356_15432448.jpg

(住所:兵庫県丹波市氷上町常楽50)

今年の桜の開花は早いようで、あちこちで桜便りが聞こえるが、この地域ではまだもう少し先のようだ。
今日は珍しく朝から気持ちよく晴れていたので、丹波古刹めぐりに出かけた。
一つ目は、第7番 高山寺である。

人家の中を通る細い道路を過ぎて、山側へ少し走って駐車場へ入ると、あざやかな朱塗りの山門がすぐに目に入る。

立派な山門をくぐると、長く一直線の石畳の参道が伸びて、その正面奥に本堂が見える。
a0003356_1613060.jpg


広々とした本堂の周辺。
a0003356_164482.jpg

[PR]
by okamura920 | 2013-03-22 10:00 | 丹波古刹 | Comments(0)

2013年3月17/19日 竹炭焼き(窯止めと窯だし)

a0003356_21305631.jpg

(7時、炭化が完了したと判断し焚口と煙突を完全密閉して窯止め)

17日早朝5時に起きて、まだ夜が明けない暗闇の中を、懐中電燈をつけて窯を見に行くと、まだ炭化が完了していなくて白い煙が出ていた。

6時ごろから温度が上昇し始めて(煙突の出口で測定)、7時ごろに360℃になり、煙も青く薄くなったので、炭化完了と判断して、窯止めを行う。(焚口と煙突を完全に密閉する)

19日、窯の温度が下がっているのを確認して、窯だしを行った。
a0003356_21343622.jpg


9年前の窯だしとほぼ同じ程度の量と質の状態であった。
a0003356_2135352.jpg

[PR]
by okamura920 | 2013-03-19 21:37 | 小さな農業 | Comments(0)

2013年3月16日 竹炭焼き

a0003356_20321641.jpg

(写真は、窯の口焚きの火が内部の竹に完全に燃え移り、自然(じねん)状態になり炭化が進行中の状態。明日の朝、窯止めである)

2004年3月に初めてドラムカンによる竹炭焼きに挑戦して、はや9年になる。
(竹炭焼きの詳細について興味がある方は、私のホームページのタグ『竹炭焼き』を参照してください)

もう一度焼きたいと思いながら延び延びになってたが、昨年10月に思い立って伐採しておいた竹を焼いてみた。
9年前の記憶と記録を基に焼いてみたが、はたしてうまく焼けているのだろうか。明日の朝窯開けである。

竹の伐採:2012年10月
竹の裁断:2012年10~11月
竹を窯入れ:2013年3月15日
窯に火入れ:2013年3月16日16時
自然(じねん)に至る:17時
[PR]
by okamura920 | 2013-03-19 20:49 | 小さな農業 | Comments(0)