2008年3月23日(曇) EPキャリバー400 2号機の修理と飛行

a0003356_21471939.jpg

2号機の修理部品が届いていたので、早速朝から修理です。

メインマスト部の不具合のため、機構の中心部を分解する必要があり、初めての所の分解で、どこから手をつければいいのやら、全くの手探り状態で、なかなか苦戦しました。

それでも、取扱説明書には詳しい組立手順と部品構成がのっているため、なんとか分解と再組立ができました。

ワンウエイベアリングの破損と思っていましたが、分解してみると、メインマストの先が破断しており(写真)、不時着時にかなりの力が加わったものと思われます。

修理後、早速飛行場(練習場)へ出かけて、様子を見たところ、特別の異常は無いようでしたが、風がきつく、また落としそうなので、2Bで練習をやめときました。
[PR]
# by okamura920 | 2008-03-23 22:11 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年3月22日(晴) 長岡天満宮

a0003356_21351515.jpg

所用で長岡京市まで行ったので、菅原道真公を祀っている長岡天満宮の境内を歩いてきた。
天満宮といえば梅であるが、丁度今が見頃であった。
[PR]
# by okamura920 | 2008-03-22 22:27 | 小さな風景 | Comments(0)

2008年3月19日(小雨) EPキャリバー400 朝練

EPキャリバー400の飛行練習にも少しずつ慣れてきて、天気が良くて風のない日は朝練(風の少ない朝の間の練習)に励んでいます。
今日も朝練に出かけようとしたらポツポツと雨のため、残念ながら朝練は中止です。

1号機はエルロンサーボの取替えも終わり機体は好調です。
ケツホバの状態から少しずつ機体を横に向けての横ホバに入る前段階の練習を行っていますが、横に向けるとなかなか機体の姿勢がつかみきれず、危ない場面がしばしばです。

2号機も素直に飛んでいましたが、少しの油断で落とし(不時着)てしまい、メインローターが回転しない状態になっています。
どうやらスパーギャのワンウエイベアリングの破損のようです。メインマストの曲がりがあるかも知れません。
部品の入着をまって、機構の中心部であるメインマスト部を分解して修理です。

一人で飛ばしているため飛行写真が取れません。
同機種の飛行動画がメーカーのホームページに紹介されていますので、代わりにご覧ください。(このホームページの中の『MOVIE』をクリック。プロが操縦する飛行をお楽しみください)
[PR]
# by okamura920 | 2008-03-19 09:32 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年3月14日(晴) EPキャリバー 1号機 エルロンサーボの調査

a0003356_20423078.jpg

1号機のエルロンサーボ(フタバ S3103)が動作しなくなっていて、ネットショップに発注中であるが、不具合のサーボを取り外し分解してみた。
不具合の原因はモーターの過熱かと思っていたが、良く見て見ると不具合原因は、樹脂製の歯車の歯欠けでった。(黒い歯車とかみ合っているところの白い歯車の歯が破損している)
なぜ歯が欠けたのか良くわからないが、調整中か着地時に強い力が加わったものと思われる。
[PR]
# by okamura920 | 2008-03-13 20:32 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)

2008年3月10日(晴) EPキャリバー 1号機 修理完了 そして・・・・・・・・・・

a0003356_18354780.jpg

EPキャリバー1号機の修理部品が届いたので、さっそく修理を開始しました。
初めての分解組立でしたが、取扱説明書に部品展開図と組立手順が詳しく書いてあるため、特別の難しさはありません。
一番気を使うのが、小さなビスを無くさないことです。(よく組み立て中に飛んでいきます)

修理後、早速いつもの飛行場に行って、ケツホバの練習をしましたが、機体が左回りに回転し、ラダーの調子がよくありません。

ラダーのリンケージをやり直して、なんとか1Bを終了し、2Bに入ると、今度はエルロンがききません。
エルロンサーボが動作しておらず、良く見るとサーボのラベルが焦げるほど過熱していました。過熱による電子部品の破損のようです。

今から思えば、この機体の修理後の調整時に、エルロンサーボがガチャつく等の異常がありました。

とりあえず、サーボを交換します。
[PR]
# by okamura920 | 2008-03-10 19:01 | ラジコンヘリ道 | Comments(0)